今なら43%OFF

河添恵子が2年ぶりに新講座を開講...

そして、今なら『洋書STEALTH WAR』の完訳本も無料でプレゼント...

43%OFFの特別なオファーは、3月21日(日)まで!!

『中国共産党の世界乗っ取り計画』

20世紀から仕掛けてきた中共ステルス戦争とは?

この商品には、1ヶ月間の保証期間が付いています。

『中国が仕掛けるステルス戦争大全~vol.1』

アメリカ編

第1章 「鄧小平と華人ロビイストの政界侵略」

なぜアメリカの政治家は赤い毒牙に染まったのか?

講義1   「女スパイの暗躍とキッシンジャー」

8名のアメリカ大統領顧問を務めた陳香梅の正体

  13:01

講義2  「客家人とビルクリントン」

華人財閥リッポーによる贈賄・政治献金に騙された民主党

    7:10

講義3 「ブッシュ家と毛沢東の蜜月関係」

  16:30

女工作員が仕掛ける”中国利権"に目を奪われた共和党

講義4 「清華大学とKストリート」

米政治家が退職後に参加する中共との金融マネーゲーム

  12:50

第2章   米国エリート左派集団と中共の蜜月時代

なぜ中国はたった20年でGDP世界2位になれたのか?

講義5 「超限戦とスポルディングの警告」

中国が仕掛ける21世紀型の新戦争スタイル                                  12:28 

講義6 「鄧小平と改革開放政策」

中国経済を裏でコントロールしていた二人の黒幕

  13:18

講義7 「ビルクリントンの署名」

中共に主導権を握られる米国経済と貧困化する市民

  11:12

講義8 「米国グローバル企業と清華大学」

  14:20

中国の詐欺システムに加担したウォール街の大罪

講義9 「不動産バブルと市場操作」

  14:10

なぜ中国経済は嘘ばかりがまかり通るのか?

第3章 米中5G覇権争いの真実

なぜトランプ大統領はファーウェイを排除したのか?

講義10 「サイバー空間と監視システム」

21世紀の覇権戦争を左右する”5Gネットワーク”

  12:20

講義11 「GAFAと中共の蜜月関係」

中国でBATHが誕生できたカラクリ

    9:20

講義12 「中共によるサイバー攻撃学」

アメリカの新興科学薬品会社が受けたハッキングと企業買収

  11:34

講義13 「中共式APT攻撃と破壊工」

  10:50

2003年米軍が狙われた大規模サイバー攻撃”タイタン・レイン”

講義14 「西側社会の5Gとトランプ政権」

  8:50

ポンペオ国務長官による外遊政策とファイブアイズ

第4章 トランプ政権が抜本改革した極東安全保障

なぜアメリカは台湾を守りたかったのか?

講義15 「武力主義と孫子の兵法」

なぜアメリカは世界の覇権国家としての地位を失ったのか?

  12:44

講義16 「トランプによる”新"台湾政」

2018年6月12日が示す極東アジア同盟と中共への宣戦布告

  13:20

講義17 「日米台VS中共」

極東アジアにおける日本の役割と中共包囲網の重要性

  13:24

3ヶ国と独自のネットワークから情報を集め

真実を紐解く


ノンフィクション作家

河添恵子は、世界40カ国以上を取材し、世界各国と中国の関係を調査してきた。さらに、中国への留学経験もあり、中国の国内情勢も知っている。


今では、毎日欠かさず2時間以上も中国語で情報を収集している。また、中国語だけでなく、日本語・英語の3ヶ国語を駆使して、中国共産党の統制の及ばないメディアから情報を集める。さらに、裏メディアと呼ばれる情報源や世界各国を訪れた経験から独自のネットワークをもつ。


そのため、日本のメディアや評論家でさえ知り得ない情報を、河添恵子は入手する。


単なる中国評論家は、1つの出来事が起こるとその出来事だけを解説する。しかし、ノンフィクション作家:河添恵子は、出来事が起こった背景、その裏にある事実までも紐解く。


過去とその出来事のつながり、そして未来に何が起こるか、点と点を繋げて線にする。得意分野は、中国であるが中国だけを見ているのではない。世界の流れまでも読み解き中国の出来事と絡めるため、真実がわかる。


また、『北海道の水源地などを中国マネーが爆買いしている話』を最初に日本全土に向けて告発した人物でもある。(「週刊文春」2010年6月)


今では、独自の分析と情報収集能力がかわれ、日本人なら誰でも知っている、一部上場の超大企業のアドバイザーを複数、務めている。さらに、一説には、日本の政官財に中国共産党の手足となっているスパイが5万人から10万人と言われている。それについても調査を進めている。

ノンフィクション作家

河添恵子

推薦の言葉

三橋貴明(経済評論家)

「2001年のWTO加盟以降、中華人民共和国、いや「中国共産党」はアンフェアなグローバリズムを展開し、今や世界の覇権国=アメリカに挑戦する立場を得ようとしています。


同時に、欧米諸国を先頭に、チャイナの覇権を阻止するべく、連帯した動きが始まっています。人類の歴史を決定づける「チャイナ・グローバリズム」の行く末について、河添恵子先生以上に明瞭に、しかも「事実」に基づき語れる日本の論者を、三橋貴明は他に知りません。」


上島嘉郎(産経新聞「正論」元編集長)

「皆さんは「日中記者交換協定」の存在をご存知ですか。正式な国交のなかった昭和30年代末から、日本のマスメディアは中華人民共和国(中国共産党)が条件とした「政治三原則」を守らなければ中国に記者を常駐できませんでした。①中国を敵視しない②二つの中国をつくる陰謀に加担しない③日中国交正常化を妨げない――というものです。


三原則の③は、いまや有名無実ですが、相手国の方針に従うことを事前に約束するのでは、自由な報道・論評をはじめから放棄したのも同然です。


日本のマスメディアが伝える中国情報はこうした言語・情報空間の中にあります。これに縛られず、勇気をもって、重要な事実の発掘と発信を続けてきたのが河添恵子さんです。


日本を立て直すには「自由な中国批判」が不可欠です。現実に今そこにある危機を知るためにも、長年にわたる独自取材と、鋭い分析に裏付けられた河添さんの解説には大きな価値があります。」


<プロフィール>


千葉県出身/ノンフィクション作家。

 名古屋市立女子短期大学卒業後、86年より北京外国語学院、87年より遼寧師範大学(中国)へ留学。94年に作家活動をスタート。


 2010年に出版した『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)は、アマゾンで<中国><社会学概論>の2部門で半年以上、1位を記録するベストセラー。その他、『トランプが中国の夢を終わらせる』(ワニブックス)、『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』『だから中国は日本の農地を買いにやって来る TPPのためのレポート』(共に産経新聞出版)、『世界はこれほど日本が好き No.1親日国・ポーランドが教えてくれた「美しい日本人」』(祥伝社)など。世界の学校・教育関連の取材・著作物も多く、図鑑(47冊)他、『アジア英語教育最前線』(三修社)、『エリートの条件―世界の学校・教育最新事情』(学研)がある。


 産経新聞や『正論』『WiLL』『週刊文春』『新潮45』『夕刊フジ』などで執筆。NHK、テレビ朝日、スカパーチャンネルの報道番組などで、コメンテーターとしての出演も多数。ネットTV(チャンネルAJER、チャンネル桜、林原チャンネル)にレギュラー出演中。


 40カ国以上を取材し、学校教育、世界が日本をどう見ているか?世界各国と中国の関係、移民問題などをテーマに精力的に情報発信をしている。


そのほかにも、『北海道の水源地などを中国マネーが爆買いしている話』を最初に日本全土に向けて告発した。(「週刊文春」2010年6月)そういった経験がかわれ今では、日本人なら誰でも知っている、一部上場の超大企業のアドバイザーを(非公開で)複数、務めている。また、一説には、日本の政官財に中国共産党の手足となっているスパイが5万人から10万人いると言われている。

それについても調査を進めている。

主な著書

主な著書に『豹変した中国人がアメリカをボロボロにした』(産経新聞出版)、『中国人の世界乗っ取り計画』(産経新聞出版)などがある。

『河添先生からあなたへのメッセージ』

真実の情報を届けるために…

このような形のない情報というものを売ると、少なからず「商売なのか」という声をいただくことがあります。答えはもちろん商売です。と言うよりも”あえて”ビジネスにしています。なぜか?理由は簡単です。どのような事も慈善活動では社会に大きなインパクトを与える事はできないからです。いま社会を動かしているのは明らかに経済であり、つまり主体は商売、ビジネスです。


 「慈善活動では何も変わりません」


ビジネスにする事によって優秀な人材を集めることができ、さまざまな広告をして世の中に一気に広げることができると私たちは信じています。そしてそこで生まれた利益をより事業の拡大に投資できます。例えば講座を無料で提供することもできると思いますが、そのようなものは一過性であっと言う間に忘れ去られるでしょう。

実際このような活動を通して、河添さんのことが広く知られるようになりましたし、ビジネスにする事によって今後も支え持続的にこういった知識の啓蒙活動を続けることができます。それが私たちの信念です。

3月21日(日)までなら、43%OFFの予約販売にてご提供いたします!!

河添恵子氏が作った『中国が仕掛けるステルス戦争大全~アメリカ編』を受けようと思えば、定価は24,800円(税込27,800円)ですが、、、 「中国が仕掛けるステルス戦争大全~アメリカ編」を見てもらい、日本人がまだ知らない中国のステルス戦略、ステルス戦争の全貌を知ってもらいたいと考えています。


そこで期間限定ですが、今回は手に取りやすいように、43%OFFの13,800円(税込15,180円)でご提供することにしました。

商品完成後は、オンライン講座なので、スグに全てダウンロードできますし、iPadやiPhoneなどで通勤中に見る事もできます。いつでも、どこでも、自分の都合の良い時間に何度でも見ることができます。(講座は現在製作中です。4月上旬を公開予定としています)


スマートフォンをお持ちの方は、弊社専用のアプリでさらに簡単に学習することもできます…

さらに、今なら2つの無料特典もセットでご提供

無料特典①「Stealth War: How China Took Over While America's Elite Sleptの完訳本をプレゼント」

今、洋書「Stealth War(ステルス戦争)」の翻訳を河添先生が行なっています。

こちらを5月〜6月をめどに完成し、随時日本で販売していく予定ですが、今回新講座を買ってくる方に無料でプレゼント致します。手数料や送料も頂きません。本が完成次第、随時ご自宅に発送させて頂きます。


今翻訳中ですので、少しお時間がかかるかもしれませんが、ご了承ください。

日本で販売するのは弊社のみですので、本が完成次第、まずあなたにご提供いたします。


こちらの書籍と今回の新講座をセットで学んで頂くとより、中国が仕掛けているステルス戦争、ステルス戦略について理解が深まり、中国共産党のやり口、思惑が分かってくると思います。ぜひこの機会を利用して無料で手に入れてください。

無料特典②『ロバート・D・エルドリッヂ(元在沖縄米軍海兵隊外交政策部)さんとの対談動画

2020年のアメリカ大統領選を巡って、日本のメディアでは報道されませんが、かなりの不正があり、不公平な選挙となってしまいました。その結果、元米大統領のドナルド・トランプ氏が敗れ、ジョーバイデン大統領が誕生しました。この大統領選の裏には、どうやら中国共産党が絡んでおり、選挙で使われたシステムは中国製のシステムであることが発覚。アメリカ民主党と中国共産党の深い闇とは一体何か?民主主義が完全に崩壊した母国アメリカに対して、エルドリッヂ氏がぶった切る。

講義1 「米民主主義の崩壊とドミニオンシステム」

2020年の米大統領選が示す不正選挙の実態

講義2 「中共と米メディアの蜜月関係」

アメリカの政治システムを崩壊させるフェイクニュースの大罪

講義3 「トランプ政権4年間の真実」

なぜ彼は米大統領になったのか?そして誰と戦っていたのか?

講義4 「チャイナマネーとロビイスト」

中共に支配された州知事と2000年続く孫子の兵法戦略

3つの品質保証で安心

1ヶ月間品質保証2分でキャンセル可

12年間で118万9,568人が利用

91%が満足の顧客サポート 48時間以内に対応します

この講座を1ヶ月の間に視聴して、もし「期待と違ったな」と思われたなら、講座提供日から1ヶ月以内であれば、どんな理由であろうと注文を取り消すことができます。

https://dpub.to/cancel_kkp

(お申し込み後のメールにも記載しています)

私たちのグループでは、過去12年間で累計118万9568人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありません。なので安心して試していただけると思います


私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。休業日除く48時間以内にはメールでの対応がほとんど完了しています。

なので安心して取引いただけると思います。

この講座が面白くなければ、全額返金!!

大事なことなので、もう一度繰り返します。


今回あなたには、商品提供後、1ヶ月間の保証期間をご用意しています。なので、この中国が仕掛けるステルス戦争大全vol.1:『アメリカ編』の講座を受けてみて、思っていたものと違うという場合には全額返金します。


もし思っていたものと違った、内容に満足しなかったという場合は「返金をお願いします」と以下に連絡をいただければ、 全額返金いたします。その際、キャンセル料を頂くこともありません。特典の書籍も返品する必要はございません。


また、返金にあたっては、あなたが嫌がるような質問をしたり、嫌味を言ったりするようなことは一切、ありません。淡々と返金させていただきます。ですから、どうぞご安心ください。

(カスタマーサポート連絡先は、購入後の案内メールにも記載しておりますのでいつでもご連絡頂けます。)

【経営科学出版カスタマーサポート連絡先】


1.メールでの連絡:support@keieikagakupub.com

2.FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)

知識は力なり

いま、あなたの目の前には二つの道があります。


 一つは、これまで通り、テレビや新聞の報道を頼りにして生きていくことです。


 ただ流れてくる情報を受動的に受け入れるだけなので、とても楽な道です。ただしその中には悪性のウイルスと言ってもいいような、ウソやデマが紛れています。しかもあまりに巧妙に仕込まれているので、あなたは気づかないうちにそのウイルスに感染し、世の中を見る目を失っていることでしょう。それらがウソだと気付いたときにはときすでに遅し、一度失った目はそう簡単には取り戻せません。嘘をつき始めてしまったためにさらに嘘を塗り重ねる、昨今のメディアの実態を見ればわかっていただけると思います。


 もう一つは、正しい知識を取り入れ、健全な思考を育むことです。


 世の中がいまよりも一層クリアに見えてくることでしょう。あなたの鋭い意見に周囲の人は一目置くかもしれません。そして意外に思われるかもしれませんが、疑問を解決するために自分で積極的に情報を取り入れることができる人は世の中にはそう多くはありません。ただ流れてくる情報を受け取るだけの人と積極的に学ぶあなたとの差はどんどん開いていくことでしょう。


 この講座を今日、受講するのもしないのもあなたの自由です。けれど、もし「大切な日本を守っていきたい」という私たちの思いに賛同してくださるのなら、ぜひ以下のボタンをクリックして講座を受講してください。

通常価格:24,800円(税込27800円)

3/21までの特別価格13,800円(税込15,180円)

合計:約3時間50分安心の商品提供から1ヶ月間返金保証ビデオはダウンロード可能期間限定特別価格は3/21(日)まで